• White Twitter Icon

BEST ALBUM "Spoo and Nick"

1. It’s my road

(恋色マスタースパーク、永夜の報い~ Imperishable Night.)

 

やまない雨のなか 歩く君の背中を追いかけた

この両脚では近づくことさえ出来ずに

霞んだ視界のなかで 君だけは輝いていて

君になりたいと手を伸ばしてみても

 

宙を掻いた 小さな手のひら 何も掴めなくて

 

今よりも速く 今よりも強く 今よりももっと高く飛べるなら

ただ前を向いて あの光まで いつか君に追い付くその時まで

 

青空の下 笑う君の姿を見つめてた

君にはこの世界が 空が何色に見えるの?

私の視界はまだ遠くまで見渡せなくて

「このままじゃ嫌だ」と叫んでみても

 

闇にのまれた 響かない声 誰にも届かなくて

 

今よりも速く 今よりも強く 今よりももっと高く飛べたなら

まだ前を向いて あの光まで いつか君に追い付く日は来るから

 

磨り減った靴も 枯れ果てた声も

全てが 今を超える力になる

脚がもつれても 息が苦しくても

立ち止まれない

 

誰よりも速く 誰よりも強く 誰よりもずっと高く跳べるから

まだ前向いて 光の先へ 

いつか君を追い抜く その時まで

2. Solitude

(亡き王女の為のセプテット)

 

A needle of light is reached to my heart.

And I can not shake it off. So it make me feel gloomy.

The reflected light is very bright. It light is an eyesore.

I think that this world is dazzling and dejected. Hey, please you don’t watch an anything.

Because, it is not necessary for you. I do not allow for anyone to touch you.

 

No-one knows how my feel. No-one knows how my life.

I am not interested in your eyes appealing.

It will be unnecessary if you don’t arrive at me.

I am bored with everyday. This world people are just boredom.

 

A dyed a gloomy light by so… blood red.

Light went out from my field of view.

I start to take back in my mined. When the thin film has covered in this world.

 

I feel like I shut in somebody. I feel like I chew and tear it off a feeling of somebody.

When did I forget it? Why did I forget it?

I intended to take good care of you.

 

I always think comical that smart alec people.

What do you know about me?

I think that your life is cheap. 

I think that you are stupid. Do not include me to you. 

I think that this world is dull.

 

I never regret myself. I don’t look back on my footprint.

I’m right in all my judgement. Even the feeling that dim for you.

 

You do not know how my feel. You do not know how my life.

You do not need to know it. ‘Cause it’s unnecessary for you.

 

You don’t know how my feel. You don’t know how my life.

But if you watch the moon with me. I want you to smile for me.

Please smile at my side.

 

 

刺すような光が心まで届いて

纏わり付くそれのなんと鬱陶しいことだろう。

反射する光は強すぎて、なんと目障りなことだろう。

私には眩しい、痛い世界。 ねぇ、何も見ないで。

君には必要のないものだから。 誰にも触れさせはしない。

 

私の気持ちなんて誰にも解らないでしょう。私がどう生きてきたかも。

誰かの視線なんてどうでもいいの。

私について来られない人なんていらない。

この世界は退屈で、つまらない人しかいないんだから。

 

鬱陶しい光を赤く染めて

視界から輝くものは消え去った。

薄く膜を張った世界で、私は正気を取り戻し始める。

 

誰かを何処かに閉じ込めたような、誰かの気持ちを喰い千切ったような

いつ忘れてしまったんだろう? 何故忘れてしまったんだろう?

大切にしようと思ってたのに。

 

知ったような口を利く人のなんと滑稽なことだろう。

私の何を知った気でいるの?

あなた達の人生はさぞ安っぽいんでしょうね。

愚かな人達。私を一緒にしないでちょうだい。

この世界のなんとつまらないことだろう。

 

私は後悔なんてしない。足跡を見るために振り返ったりしない。

選んだ全てが正しいの。君への、この霞みがかった気持ちさえ。

 

私がどう感じて、どう生きてきたかなんて、君が知る必要はないの。

だって君には必要のないことだから。

 

君は何も知らなくていい。

でももし、一緒に月を見てくれるなら、私の為に笑ってほしい。

どうか、隣で笑ってほしい。

3. Choose your way

(少女綺想曲〜Dream Battle

 

The rain conceal a light. I can’t open my eyes.

I’m hearing somebody cry. Who is sacrifice?

 

I was telling myself. I must help everyone.

Even though they do not need it.

They can solve by oneself. If I don’t give my hand.

So you know, I am needless for them.

 

What do I live for? Who do I live for?

Nobody needs me. Nobody likes me.

My vision is blurry. My brain is cloudy.

I don’t know, do I have the qualification to stay in here?

 

But I know honestly, I like to live in here. I never ever want to go to other.

So, I choose my way. I should be able to do something even if nobody needs me.

Never mind. I can choose my way just for me.

 

What a blue sky. I must open my eyes.

I’m seeing somebody smile. Nobody sacrifice.

Even if I’m helpless. Even if I’m needless.

I’ll do the things I want to do.

‘Cause I really love you guys.

 

 

光は雨に覆われて、目を開けることも出来ない。

誰かの泣き声が聞こえる。 犠牲者は誰?

 

いつだって誰かの為に生きようと思ってた。

誰もそんなことは必要としていないのに。

私が何もしなくても、誰も困ったりはしないから、

きっと私は、いなくてもいい人間なんだ.。

 

何の為に生きてるの? 誰のために生きてるの?

誰からも必要とされていないのに。誰からも好かれていないのに。

視界はぼやけて、頭は冴えない。

私がここにいる資格はあるのかな?

 

でも本当は知ってるの。私はここにいたくて

どこにも行ってしまいたくはないと。

だから決めたの。 たとえ誰からも求められなくても、自分に出来ることをしていきたい。

私は、私の望む道を進んでいいのだから。

 

空はとても青くて、そろそろ目を開かなくちゃ

誰かが笑ってるのが見える。 犠牲者なんていない。

たとえ無力で、たとえ必要とされていなくても

自分に出来ることをしていこうと思う。

だってあなた達のことが、本当に大好きだから。

5. Faith

(ネイティブフェイス、明日ハレの日、ケの昨日) 

 

昨日誰かが呟いた

「今信じているもの いつかはゴミに変わる」と

足元流れる川 時が経ち枯れ果て

初めから道だったかのように

 

遠く余威の果て 忘れ去られ消えてゆく

積もらず溶けた雪のように 

懐かしむ気持ちさえ恨めしさに変わるなら

いっそこの身など朽ち果ててもいい

 

昨日あの子が呟いた

「君に祈り捧げ歌い続ける」と

枯れ果てた川に墜とされた一雫の雨が

渇いた土慰めるように

 

今は宵の中 眠り忘れる夢を見る

風に乗り飛んだ種のように 

星空の下灯った 小さく光る温もり

身体冷えぬよう近く寄り添って

心にその光を写し点せたら 新しく吹く朝の風を迎え入れたい

 

樹々が枯れるような 川が涸れるような 冷たい風が吹いても

祈り歌う声に 小さな声に 届け この祈りよ

 

今は宵の中 眠り忘れる夢を見る

風に乗り飛んだ種のように 

星空の下灯った 小さく光る温もり

身体冷えぬよう近く寄り添って

心にその光を写し点せたら 新しく吹く朝の風を迎え入れたい 

醜いこの心包み込めたら 小さな愛しいあの子にこの祝福を

6. Pray

 (少女が見た日本の原風景) 

古く遠い最初の記憶は 灯りを点そうと祈る君の姿

いつか人は君を希望にして 妬み 苦しみ 全て押し付けた

 

幸せだけを求める欲望が 君の心を喰い潰す

 

君に祈りを この祈りを 

柔らかい風が君の心を慰めるように 

いつも祈るよ ただ祈るよ 

君が悲しみに暮れないように

 

故く荒れ果てた城でひとり 灯りを灯そうと祈り続ける君を

いつか人は偽者にして 「全ては嘘だ」と嘲笑っている

 

幸せだけを求める愚かさに 君の心は枯れ果てる

 

君に祈りを この祈りを 

温かい雨が君の心を潤すように 

いつも祈るよ ただ祈るよ 

君が喜びで満たされるように

 

懐かしい風景求め 何処か新しい場所へ 

君が独りで泣かないよう 私が連れ出すよ

 

君に祈りを この祈りを 

新しい空が君の心を包み込むように 

君に歌を この歌を 

いつも君だけを思って歌うよ 

いつか届くように

7. I’ve had it

(ラクトガール~少女密室)

 

Tell me a story. 

For example, the story that people fine happy or the story that justice defeats evil.

The nonsense story is all right too.

The important point is that it is fiction. 

And most important point is that it can make me alon.

 

The outside is dangerous. It has a lot of crime.

Many immoral people. Many offensive people.

 I will go mad if it drags me.

 

Tell me a story. 

For example, the story that somebody get unhappy or the story that evil defeats justice.

So, hopeless story is very good.

The important point is that it isn’t good fortune. Please I understand that hope dose not exist.

 

The outside is dangerous. It has a lot of crime.

Many filthy people. Many insincere people.

I will die if it drags me.

 

I wish that everything vanish. I wish that anybody and everybody vanish,

Because everything always make me disgusting.

I don’t want to involve anybody. Please leave me alone.

I’ve had it.

Now, I do not want to know anything.

 

 

物語を聞かせて

誰もが幸せになるおとぎ話 正義が悪を倒す話でも、

ナンセンスな話でもいい

重要なのは、それが作り物であるということ

そして最も重要なのは、私を孤独にさせてくれるということ

 

外は危ないよ 悪いものが沢山ある

ふしだらな人ばかり 不愉快な人ばかり

のまれたら狂ってしまう

 

物語を聞かせて

誰もが不幸になるおとぎ話 正義が悪に滅ぼされる話

そう、救いのない話がいいわ

重要なのは、幸せにはなれないということ

希望なんてものが存在しないことを、どうかわからせて欲しい

 

外は危ないよ悪いものが沢山ある

不潔な人ばかり 不誠実な人ばかり

のまれたら死んでしまう

 

全て消えてしまえばいい 誰も彼もいなくなればいい

いつだってイライラすることばかりだもの

誰も来ないで 放っておいてよ

もううんざりなの

これ以上何も見たくなんかないのに

8. Who am I

​(幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Border of Life)

 

Who is the girl Who is sleeping under the cherry tree?

Her hair is shining in the light of the sun, and streaming in the wind.

 

But, her eyelids are firmly closing and never open.

Maybe, I know her.

 

Who was the girl Who was singing under the cherry tree?

Her voice sounded like breeze.

The branches and plants were swaying in the wind.

 

That time, I felt “everything live with her, and everything can’t exist without her”.

 

Long long time passed, nobody knows about her eyes.

Nobody wake her up.

Nobody knows about her tears. Nobody even know that she existed.

Who is she.

 

I thought, if I wake her up something will change.

Probably I know her smile. I know her voice.

Wait, I can’t remember about me…

 

Who am I…?

 

 

桜の下で眠っているのは誰?

太陽で光る髪は風に揺れて

 

固く閉じた瞼は決して開かない

多分私は、彼女を知ってる

 

桜の樹の下で歌っていたのは誰?

草木も枝も風に揺れて 彼女の声はそよ風のよう

 

あの時「全ては彼女と共に生きていて、彼女がいなければ誰も生きてはいけない」と思った

 

長い長い時が過ぎ、彼女の瞳を知る人は誰もいない

彼女を起こしに来る人も

彼女の涙の涙も、彼女が存在したことを知る人すらいない

彼女は誰?

 

彼女を起こせば、何かが変わる気がした

だって私は、彼女の笑顔を知ってる 彼女の声を知ってる

でも待って、私は私が誰なのか思い出せない…

 

私は誰…?

9. Day before going down

(竹取飛翔~Lunatic Princess 、ヴォヤージュ1969) 

 

今飲み干した 禁じられた罪

この普遍から さぁ、連れ出してよ

 

誰かの力で輝く こんな世界からは出て行くの

 

躍動する鼓動感じたい 私を変える衝動

胸を刺すような苦しみ 怒りも悲しみも

まだ知らない

 

今見下ろした 青く輝く星

この薄暗い空はもう見飽きた

 

老いることのない魂だけ持って船に乗り込むの

 

高揚する鼓動感じたい 私を動かす衝動

胸を焦がすような喜び 恋も愛しさも

まだ知らない

 

舞い落ちてゆく

 

眠っていた心を奮い起こして

今 新しい朝が 永い夜を追い払ってく

 

躍動する鼓動感じたい 私を変える衝動

胸を刺すような苦しみ 怒りも悲しみも

まだ知らない

高揚する鼓動感じたい 私を動かす衝動

胸を焦がす様な喜び 恋も愛しさも

まだ知らない

10. Cage

(輝く針の小人族~Little Princess)

 

I heard a voice in the dark.

It’s bad mood but beloved voice.

 

Open my eyes. So beautiful. So polluted world.

Open my mouse. So comfortable. So cold world.

 

“ I don’t mean that ! “

I head your voice.

 

Lie or truth or deceive or fool or good or bad or…

All in all I don’t care.

 

Move my legs. My body feel like the many hands.

Move my neck. They seem to be wearing a mask.

 

“ I don’ need that “

I hear your voice.

 

Lie or truth or deceive or fool or good or bad or…

All in all I don’t care.

What is justice? What is evil? What is an ally? What is the enemy?

All in all I don’t care.

 

Is it for you?

No, it’s not.

Was I tricked?

No…no...

 

As for this thing, it must not be noticed any one and you.

It’s for me. So, for me.

 

Lie or truth or deceive or fool or good or bad or…

All in all I don’t care.

What is justice? What is evil? What is an ally? What is the enemy?

All in all I don’t care.

 

 

暗闇の中で声を聞いたんだ

憎たらしくて、愛おしい声

 

目を開けば、なんて美しくて汚い世界

口を開けば、なんて気持ちのいい、冷たい世界

 

「そうじゃないんだ!」

君の声が聞こえた

 

嘘とか本当とか、騙したとか騙されたとか、良いとか悪いとか

そんなのどうだっていい

 

足を動かせば、誰かに操られている気がして

首を動かせば、誰の表情も見えなくて

 

「そうじゃないんだ」

君の声が聞こえる

 

嘘とか本当とか、騙したとか騙されたとか、良いとか悪いとか、

そんなのどうだっていい

正義って何?悪って何?味方って?敵って?

そんなの全てどうでもいいから

 

君のため?

違う、そうじゃないんだ

騙されてた?

違う、違う、、、

 

嘘とか本当とか、騙したとか騙されたとか、良いとか悪いとか、

そんなのどうだっていい

正義って何?悪って何?味方って?敵って?

そんなの全てどうでもいいから

11. Never forget you

 (運命のダークサイド) 

 

Oh, my darling. 

I’m calling you again.  Again and again. 

Sweet darling.

 I’m falling to pieces, if you gone.

Can you hear me?

I’ve got so much to talk to you about.

Listen darling.

It’s a better place since you came alone.

 

All my life is on me now, hail the pages turning.

And the future’s on the bound.

 

Say you will remember me.  

Say you will see me again even if it’s just in my wildest dreams.

Never let me go. Never let me go.

Hold me tight in your arms.

So, your arms….

 

Oh, my darling.

I remember you again.  Again and again.

Sweet darling.

I recall the day our love was born.

 

But all my life is on me now, hail the pages turning.

And the future’s on the bound.

 

I’m gonna hold you like I’m saying “good bye”.

It does not have to be forever.

Just as long as I am the name.  On your tattooed heart.

Your voice is familiar sound.  Nothing lasts forever.

 

Say you will remember me.

Say you will see me again even if it’s just in my wildest dreams.

Never let me go. Never let me go.

Hold me tight in your arms.  Because, nothing lasts forever.

I was staring at the sky, just looking for a star.

To pray on, or with on, or something like that.

Never let me go.  Never let me go.

Hold me tight in your arms.

And please, call my name again.

 

 

愛しい人

また貴方のことを呼んでるの

優しい人

もし貴方がいなかったら 私はバラバラに砕け散ってしまうわ

ねぇ聞こえる?

あなたに話したい事が沢山あるの

ねぇ聞いて

貴方が来てから ここは素敵な場所になったのよ

 

でも今 私は私と向き合って 人生のページをめくっていくの

そうして未来は変わっていく

 

私を覚えてるって言って 私にまた会いたいって

たとえそれが儚い夢だとしても

私を離さないで 私を離さないで

両腕で強く抱きしめてよ

その両腕で

 

愛しい人

また貴方を思い出しているの

優しい人

私たちに愛が芽生えた日のことをよ

 

でも今 私は私と向き合って 人生のページをめくっていくの

そうして未来は変わっていく

 

「さよなら」を言うみたいに貴方のことを抱きしめるわ

一緒になれなくてもいいけど

貴方の心に私のことを刻んでおいてね

貴方の声が耳から離れない 永遠なんてないのにね

 

私を覚えてるって言って また会いたいって

たとえそれが儚い夢だとしても

私を離さないで 私を離さないで

その両腕で強く抱きしめて欲しいの だって永遠なんてないんだから

星を見つめながら、

祈ったり、願ったり、そんな感じのことをしてみるから

私を離さないで どこにも行かないで

ねえお願い

もう一度私を呼んでよ

12. again and again

Spoo and Nick オリジナル)

 

新しい朝が焼けて 夜は追い出されて

眠る君の背中に触れようと 伸ばした手はもう届かない

 

冷たい風が通り過ぎて

体のシミになり溶けた

 

ざわめいた街の中 私だけが裸足のままで

What I need was you

もうここにいない 彼は何処に帰って行くの

私を忘れて

 

強い日差しの中で 雲は逃げ惑って

いつか泣いた可愛いあの子も 今日誰かと笑いあってる

 

星を隠そうと覆った膜は

大粒の雨になり落ちた

 

ざわめいた街の中 私だけが裸足のままで

Where did I make a mistake

居場所を見つけた彼も温もりに包まれる

私だけを残して

 

ざわめいた夜の中 私はまだ独りのままで

吐き捨てたモノクロの言葉は 褪せて見えなくなったのだろう

 

全てが眠りにつく

朝など求めぬ様に

笑いあった彼らは

ざわめきと消えた